「道元禅師慕古の旅行脚」に参加


8月29日、30日に、いつも坐禅会でお世話になっている伏見の宝福寺様が主催する「慕古(もこ)の旅」に初めて参加させて頂きました。このツアーは、道元禅師が宋から帰国して興聖寺を開いた京都の伏見を離れて、永平寺を建立するために福井に移った際の行程を行脚することで、禅師の苦難と偉業を偲ぼうという趣旨で毎年8月末に開催され、今年で24回目になります。以前は6泊7日で相当な長距離を歩く過酷な旅だったようですが、現在は3泊4日で車を併用して移動しています。

DSC_0244.JPG
まずは伏見から宇治に移された「曹洞宗初開道場」の興聖寺に参拝。


DSC_0996.JPG
道元禅師坐像に道中の無事をお祈りします。この後、八瀬まで車で移動して、徒歩で本日の宿、野田家に向かいます。雨が強くなってきたため、大部分は車での移動になりました。

DSC_0999.JPG
2日目は寂光院まで歩き、花折峠を登りました。雨が激しくなってきたため、朽木興聖寺までは車での移動になりました。その後、福井県に入り、熊川宿を見学して、昼食を取り、車で木の芽峠の入り口に到着。ここが本日最大の難所ですが、幸い雨が止んで気温も低かったため、険しい峠道も比較的楽しく歩くことができました。峠の頂上には立派な道元禅師の顕彰碑が建てられており、皆さんと共に参拝して、無事にたどり着いたことを喜びました。


DSC_10062.jpg
2日目のゴールは今庄宿です。熊川宿ほど大きくありませんが、ここも宿場町の面影を留めた美しい街でした。ふれあい会館今庄サイクリングターミナルでお風呂をお借りして、さっぱりして電車で帰路につきました。今回、都合により前半の2日間だけの参加でしたが、来年はぜひ後半も参加して永平寺にたどり着きたいと思っています。宝福寺様、南陽寺様、参加者の皆様、有り難うございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント